「先端設備等導入計画」申請事前確認

「先端設備等導入計画」は、中小企業、小規模事業者等が、設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画で、生産性向上特別措置法において定められているものです。
札幌市では、平成30年(2018年)6月6日より「先端設備等導入計画」の申請を受付けています。

認定事業者のメリット

  • 固定資産税の特例あり
  • 補助金での優先採択(審査時の加点や補助率の上昇等)あり
  • 先端設備等導入計画に基づく必要な資金繰りの支援あり

利用例

  • 老朽化が進む設備を一新し労働生産性を高めたい。
  • 設備投資をして人手不足を解消したい。
  • 最新の設備を導入して労働時間を短縮させたい。

利用対象者

札幌市内の中小企業者等、小規模事業者等利用資格要件を確認

相談日時

平日9時から17時(12時から13時までお昼休み)

※初回の相談は1時間から1時間半程度を要しますので15時30分までにお越しください
※土曜・日曜・祝日・年末年始を除く

場所

札幌中小企業支援センター内 相談ブース

申込み方法

札幌中小企業支援センターは、国の認定支援機関(認定経営革新等支援機関)として申請に必要な「確認書」を発行しております。お気軽にご相談ください。