【コロナウイルス関連融資4】 危機関連保証の認定申請受付について

令和2年3月13日経済産業省告示第49号にて、令和2年新型コロナウイルス感染症の事由により既に実施したセーフティネット保証に加えて、危機関連保証が初めて発動されました。
東日本大震災やリーマンショックといった危機時に、全国・全業種※を対象として、信用保証協会が通常の保証限度額(2.8億円)及びセーフティネット保証の保証限度額(2.8億円)とは別枠(2.8億円)で借入債務の100%を保証する制度です。※保証対象業種に限ります。

利用にあたっては、別途金融機関及び信用保証協会の審査がありますので、事前に各金融機関にご相談いただいたうえで、申込手続きを行うことを推奨いたします。

融資対象

令和2年新型コロナウイルス感染症に起因して、原則として、最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれること。
(売上高等の減少について、市区町村長の認定が必要)

詳細・認定申請書のダウンロード

指定期間

令和2年2月1日(土曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

※指定期間内(令和3年1月31日まで)に認定申請を行うことが必要です

認定申請受付

平日9時から17時(12時から13時までお昼休み)

  • 申請内容によっては時間を要する場合 (1時間から) がありますので、お早めにお越しください。
  • 土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く

※認定書は、原則翌営業日以降に交付いたします。

※認定書は、有効期間内(30 日間)に金融機関又は信用保証協会に提出してください。

※窓口が大変混みあっており、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。相談員を増やして対応しておりますが、状況によりお待ちいただく時間が長くなる場合がありますのでご了承ください。

受付場所

札幌中小企業支援センター 相談ブース
(札幌市中央区北1条西2丁目 経済センタービル2階)

お問合せ

電話番号 : 011-200-5511

公開: