小売業『モクモクベーカリー』

※掲載されている内容は2019年8月現在の情報です。

支援概要

活用した支援内容

創業・雇用創出支援資金

「創業・雇用創出支援資金」融資あっせん

経緯

入江氏は10数年にわたり、埼玉県や都内のパン屋で多種多様なパン製造の技術を磨いた。関東周辺で独立開業のための場所を探したが、条件に合う物件が見つけられないでいた。そんな時旅行で訪れた北海道が気に入り、札幌市内での開業を決意。創業の相談のため、札幌中小企業支援センターに来所した。その後、市内に候補物件が見つかり当センターで事業計画書の修正作業を経て金融機関から札幌市創業資金の融資を受け開業に至った。

現況

  • 店舗は地下鉄南北線北12条駅から徒歩5分、北大の近くにあるが、競合するパン屋は周辺には見当たらず、立地場所としては良好。

  • 開業から3年経過し、まだまだ満足できる状態には達していないが、固定客もつき、客足が徐々に増えている。近隣の学生や病院関係者等の顧客を開拓できれば、さらに伸びると思われる。

  • 比較的小さめで妥当な価格のパンが多い。様々な種類を試したい食に関心の高い女性や、近隣主婦には支持されると考えられる。

企業紹介

厳選した食材を使用し素材の味を大事に焼き上げる・・・健康志向のパンを提供する『まちのパン屋さん』

モクモクベーカリー外観

代表 入江 孝之 氏より

パンその1開業にあたり創業の相談に乗ってもらえると聞き、札幌中小企業支援センターを訪問しました。融資を受けるのは初めてでしたので、手続きの流れや必要な情報を具体的に教えて頂けて心強かったです。開業後にたびたび訪問して頂き、現状を見てのアドバイスもありがたかったです。

広告宣伝を積極的に行わなかったため、認知されるまでに時間がかかりましたが、パンその2試行錯誤しながら地域のお客様とのコミュニケーションを通して、求められる商品を開発していきました。健康志向のアイテムを増やし、素材選び、当店での具材調理など、作り手の見える安心安全な商品を提供していきます。

今後は、コーヒーを提供したカフェ的な営業も検討しています。ぜひご来店ください。

プリント版

モクモクベーカリー支援の図

小売業『モクモクベーカリー』(PDF:305KB)